2010年11月06日

第16回日本管楽合奏コンテスト

今日はVive!より豊田&鶴飼が指揮で登場する第16回日本管楽合奏コンテスト全国大会の応援に行って来ました。
SBSH065411.JPG
この大会は学校名が伏せられて予選が行われるので(テープ審査)、それを勝ち抜き全国大会への出場は純粋に演奏が良かったという証です。豊田と鶴飼が出場した部門は高校B部門(大編成)でいわゆるトップレベルのステージで、さながら先日普門館で行われた吹奏楽部連盟の全国大会のようでした。浅利は二人の学校の他にも指導している学校や昨年まで開二中で教えていた生徒が出る学校もあったので、応援しがいのある観戦となりました。
SBSH065511.JPG
どこの学校も本当にレベルが高く32団体があっという間に思える程。
もちろんVive!の二人も素晴らしかったです。
Vive!のメンバーはこうしてバンド指導の分野でも精力的で、改めて考えると本当に多彩な活動をしているのだなと感じます。
中高生にとって音楽を始めたきっかけになる時の指導者はその人の一生を左右させる程の影響力がある事を我々が身をもって体験して来ているからこそ手を抜く事が出来ず、そしてこうして結果につながって来ているのだと思います。
本当にお疲れさまでした。
posted by ヴィーヴ!S.Q. at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 浅利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。