2016年11月24日

一茶祭り

11/23(水・祝)はVive! で毎年恒例の一茶祭りにで演奏してまいりました。
江戸時代の俳人、小林一茶が足立区にある炎天寺(えんてんじ)という寺に訪れた史実にちなんで全国の小中学校から俳句を公募し、優秀な俳句には賞が授与されその表彰式が炎天寺で開催されるのですが、その表彰式の前のコンサートをVive! は毎年担当させていただいております。
野外での演奏でしたが寒さが厳しくなるという天気予報もそこまで酷くなることもなく無事に終了。聴いてくださった皆様に感謝いたします!
7A827286-B221-41F9-875A-1F296C807BEC.jpg
posted by ヴィーヴ!S.Q. at 12:51| 東京 ☀| Comment(0) | 浅利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

THE SAX 掲載!!


アルソ出版より今月発売のTHE SAX vol.79 11月号では「WE LOVE BARITONE SAX」という特集記事が組まれており、尊敬する偉大なプレーヤーの方々と共に私もバリトンサックスのプロ奏者として掲載していただきました!
2746CDE1-28BB-4E40-AF0B-005D4580A524.jpg
関連してワンポイント練習法のページでも少しですがオススメの練習方法を掲載させていただきました。
他にも役立つ&面白い記事が満載の「THE SAX」、楽器店等でお買い求めください!!

posted by ヴィーヴ!S.Q. at 10:29| 東京 ☀| Comment(0) | 浅利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

東天紅

10月1日は上野にある「東天紅」という中国料理店でヴィーヴ!の演奏をしてきました!
東京・春・音楽祭の時はこの界隈のあちこちでたくさん演奏していますがこちらのお店では初めてでした。
演奏後は美味しい料理も頂き大満足!
特にオマール海老のチリソースが絶品でした!!050AAE2E-9121-460F-B2A4-7C861B0061EB.jpg
posted by ヴィーヴ!S.Q. at 14:02| 東京 ☀| Comment(0) | 浅利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

【新譜CD発売!!】

先日のヴィーヴ!のリサイタルで先行発売したブレーンミュージックのアンサンブル・コレクションCDが昨日発売されました!

今回も私達ヴィーヴ!の委嘱作品が下記の様にたくさん収録されています!

○八木澤教司 作曲「ボッカ・デラ・ヴェリタ」
○八木澤教司 作曲「愁陽の路(サクソフォン四重奏版)」
○福島弘和 作曲「インスラ・ドゥルカマラ」
○岩田学 作曲「プラネット・ナイン」
○露木正登 作曲「トリプティーク」

他にもトリオ作品で清水大輔氏、加藤大輝氏の新作と、私がアレンジした「ライオンキング・セレクション」や「オー・シャンゼリゼ」等、コンサートやコンテストの選曲にお勧めの内容になっています。

注文は下記サイトから!

もちろん私の方でも受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい!!
posted by ヴィーヴ!S.Q. at 11:53| 東京 ☁| Comment(0) | 浅利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

14回リサイタル終了!

7CFD50FB-37AC-464E-84BC-A19090D6418E.jpg
去る6/21にヴィーヴ!サクソフォンクヮルテットの14回目のリサイタルが無事に終演致しました。
今回も500名を超えるお客様にお越しいただき、充実した時間を過ごす事が出来ました。
会場となった東京文化会館小ホールは今回で4回目となりますが、響き、スタッフ、そして雰囲気がとても素晴らしいホールです。
恒例となっている委嘱作品シリーズも22作品までになりました。
時系列でまとめると下記のようになります。

◎2005年
○八木澤教司作曲「ノヴェレッテ」(ブレーン出版)

◎2006年
○清水大輔作曲「レダ・アトミカ」(バンドパワー)
○福島弘和作曲「インスラ・ドゥルカマラ」(ブレーン出版)
○八木澤教司作曲「陽炎の舞踏」(ブレーン出版)

◎2007年
○坂井貴祐作曲「ペンタグラム」(ブレーン出版)
○清水大輔作曲「アイヴス・マインド2」(バンドパワー)
○高橋宏樹作曲「グリムの古城」(ブレーン出版)
○八木澤教司作曲「アスキ・カタスキ・ハイクス・テトラクス・ダムナメネウス・アイシオン」(ブレーン出版)

◎2008年
○広瀬勇人作曲「春の小径」(ブレーン出版)
○八木澤教司作曲「3つのバガテル」(ブレーン出版)

◎2009年
○菊池幸夫作曲「サクソフォンズ・スタディーズ2」(ブレーン出版)

◎2011年
○阿部勇一作曲「ライフ・インデックス」(ブレーン出版)
○岩田学作曲「ヒア」(ブレーン出版)

◎2012年
○坂井貴祐作曲「アリオーソとトッカータ」(ブレーン出版)
○中橋愛生作曲「コンベクション」(ブレーン出版)

◎2013年
○平田智暁作曲「サクソフォーンのための小奏鳴曲(ソナティーヌ)」
○八木澤教司作曲「ボッカ・デラ・ヴェリタ」(ブレーン出版)

◎2014年
○阿部勇一作曲「ルーカス」

◎2015年
○露木正登作曲「トリプティーク」(ブレーン出版)

◎2016年
○岩田学作曲「プラネット9」(ブレーン出版)
○佐井孝彰作曲「カプリッチョ2」
○八木澤教司作曲「愛のソナチネ」

作品の一つ一つにそれぞれの演奏会へ向けて準備した思い出があり、更にこれらの作品の多くがアンサンブルコンテストやコンサートで演奏されているのを聴く機会もたくさんあり、改めてこれだけの足跡を残してきた事を振り返ってみると感慨深いものがあります。

今回はラヴェルの「クープランの墓」をピアノ入りの五重奏で演奏しましたが、ヴィーヴ!にとって新しい方向性となりました。次回は15回リサイタル、更に精進してその数に見合うだけの演奏をしていきたいと思います。

関係していただいた全ての方に厚く御礼申し上げます。
posted by ヴィーヴ!S.Q. at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | 浅利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする